猪原金物店・コラム明治10年に創業。九州で2番目に歴史の金物屋

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
「水神創生」の大書・その2 09:07
「水神創生」の大書

大書の文字「水神創生」は、高城二三男氏が提案した。

「水神創生」は、古代エジプト文明の基本概念からきているらしい。
ナイル川の豊かな水がエジプト文明を生み出した。  ときおり氾濫するナイル川は古代エジプト人を困らせたが、同時に肥沃な土も運んできた。

これにより豊穣な農作物を実らせ、住民の豊かな生活を実現させた。 為政者にも多くの富が集まり、巨大ピラミッドに象徴されるエジプト文明が花開いた。

すべてを生み出す基本は「水」である、という普遍的事実を古代エジプト人は「水神創生」という文字に込めた。

ところが、この基本概念を豊かな文明の享楽に浮かれた人間達は時に忘れ去る。「文明はいずれ滅び去る」という法則は、人間のこのような本質からくるのである。

現代文明はいずれ滅びるだろう。 この基本概念を我々現代人が忘れた時に・・・・
| 「水神創生」の大書 | - | - | posted by ino-haya - -
「水神創生」の大書・その1 15:24
昨年の10月26日(日)に、福岡の書家・井上龍一郎氏が当店の駐車場で横7,2m×縦5,4mのホワイトシートに大書を書いた。(添付写真)

当日はあいにくの雨模様で、誰がA級戦犯の【雨男】なのか魔女裁判が起きようとしていたが、「書く時は絶対に雨があがります」との龍一郎氏の一言で本当に雨があがった。

借りてきたビデオカメラでの記録映像の撮影を才藤氏が引き受けてくれた。雨があがったのは午後3時だった。 しかし厚い雨雲はそのままである。

会場に集まった人たちの協力でシートに降った雨水を取り除き、バスタオルでシートの表面を慌てて拭き取り準備は完了した。

バケツの水性ペンキに大筆の代用であるホウキを突っ込んで龍一郎氏はしばし精神集中をしている。 大書のイメージを描いているのだろう。

しばらくして「書きます!」と宣言。  会場に緊張が走った。 あとは怒涛のごとくすごい勢いで一気呵成に書き進んでいく。


「水神創生」の大書・1
| 「水神創生」の大書 | - | - | posted by ino-haya - -
| 1/1 |