松尾薫ピアノリサイタル

2010.07.30 Friday

0
    このステージの写真を撮ったのはご主人の松尾順造氏である。   ピアノリサイタルにおけるピアニストの張り詰めた緊張感とその指から紡ぎだされる美しい旋律がひしひしと伝わってくる。   映画やテレビやスタジオの収録と異なり、NGが許されないライブ・ステージは恐ろしいほどの集中力を要する。  後にも先にもただ一度きりの取り返しのつかない瞬間だからである。  往年の大女優・杉村春子(故人)でさえ、幕が上がる前は舞台の袖で緊張してガタガタ足が震えたそうだ。

    生のクラシックを聴く機会がなかった小生にとって、ピアニスト・松尾薫氏との出会いは幸運であった。  オーディオで聴くピアノ演奏とは全く異なる事を知った。  生きている音楽は魂を揺さぶる。 演奏者の発する眼に見えないエネルギーが音を媒体にして観客に直接伝わってくるからだろうか・・・
    繊細さと力強さと豊かな表現力を兼ね備えた松尾薫氏の演奏は、多くのファンを魅了してきた。  
    今回のピアノリサイタルは、観客にとってどのような感動が生まれるのだろうか・・・・  また、松尾薫氏本人は自ら奏でる旋律の先に何を見るのであろうか・・・・・








     
    1