猪原金物店・コラム明治10年に創業。九州で2番目に歴史の金物屋。
金物店の裏では喫茶店も営業しています。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
【中国語版・「猪原金物店&速魚川の紹介」】 14:52

“速鱼川”矿物水公司于19983月竣工,是使用九州普贤岳山中拥有数百年历史,以每秒150的速度从地下110米处喷出的自然山泉。

 凭借无细菌,中性的水质,15度左右的水温,在岛原是非常珍贵,极其甘甜可口的“软水”。

(使用符合“食品卫生法”水审查标准达标的饮用水,也达到了作为矿泉水原水的标准)

 

因在河中野生的在鮰鱼,绒螯蟹,新对虾,放逸短沟螺和萤火虫之外石菖蒲,水芹两种,而新形成了【ビオ・トープ

 

 速鱼川的天然水非常适用于,茶,咖啡,米饭和各种料理。

                         茶社回廊 速鱼川

穿过在速鱼川上的小石桥,一进入建筑物里,就会看见以院内庭院为中心,展开了有地炉,游廊,泥土房间和令人熟悉的空间

 在回廊有画家,陶艺家,木偶师,书法家等的作品展出和美术刀剑展,也举办演奏家和歌手的音乐会,和拥有回廊的历史氛围得已融合,赢得大量的好评。

 

在茶社您可以品味用山泉水和纯天然食材的美味料理。在此之外还有使用泉水泡好的咖啡,红茶,抹茶,岛原特色甜点,手做红豆粥,海藻荞麦面,使用当地的新鲜蔬菜和细丝面做成的“岛原面加利”还有蔬菜咖喱,炸猪排咖喱,在此之外还有季节限定(6月至9月间)的日式刨冰,日式凉细面等等

 

营业时间 11~晚上6

 

休日  周三(五金店在每月的第一,第三个周三)

 

江户时代(安政)的商店的复建

合资公司 猪原五金商店是于明治10年(1877年)建立,一直持续到现在。

作为五金店是拥有九州第二的古老历史的古铺。从国内外的畅销品到钛制的最新商品为止,我们承诺样品展示销售,品质第一为标准选择的五金类,和存有大量的明治时代到昭和时代的稀有商品

基本理念“追求正品,使用新品”

2003年,被认定为文化厅的实物注册文化财产。

 

合资工司  猪原五金店

茶室 回廊  速鱼川

邮编855-0045             电话095762 3117

地址 岛原市上町912       传真 095762 3118

网址 http

邮箱 info@inohara.jp

猪原五金店的商标“丸吉”

明治初期,从吉备国现冈山县迁移至岛原,是创业者的猪原信平的主意。

使用吉备的吉字

从岛原站至岛原城的方向步行3分钟

店铺正面的石灰墙上有龙的刻画

店铺侧面的打水处有龙的石雕



 

Inohara hardware was established in 1877.   This store is second oldest store in Kyushu area.  We supply many different kinds of goods.  Our basic philosophy is ...   We are stickler for finding the genuine products and lifetime products.  In 2003, the building was certified as tangible cultural asset by the government.  The water spring every 150 per minute from the 110m underground of volcano “Fugendake” . This river pond is calledHayamegawa. Hayamegawawas constructed in March 1998.   The water quality is neutral, it contains no bacteria and the water temperature is around 15.      

In Shimabara, it is rare to find this kind of soft water.

In this river pond, a lots of creatures are living such as fish, alga crab, alga shrimp, shellfish, firefly, watercress,and sweet cicely.  The waterweeds grow wild and formed a transmigration. 

The water of “Hayamegawa” is best to use for cooking rice and dishes or for drinks like Japanese tea, coffee, etc . If you cross the small stone bridge over the “Hayamegawa” and entering building, there is un old patio at the center surrounded by fireplace, hallway and the earth floor.  A good old memory rush into your mind … In this old patio there is small pond, you can see endangered species of killifish and Japanese stone turtle.  At the Gallery space, many kinds of works are created by the painters, ceramicists, puppeteer, calligrapher and writers. Sometimes concerts are performed by the singers.  These performances enjoy good reputation because of the harmony with the mysterious  atmosphere of the gallery.

In this Hayamegawa restaurant, you can enjoy the delicious food using the water from     Hayamegawa” and natural food.   Hand made curry, cold noodle, typical Shimabara sweetKanzarashiand coffee are served.

Shop opening hours : AM11:00 ~ PM18:00        Open everyday except first and third Wednesday


江戸時代(安政)の町屋を復元

合資会社 猪原金物店 は、明治10年(1877年)

に創業、現在に至っています。

金物店としては九州で2番目に歴史の長い老舗。

国内外のロングセラーからチタン製の最新商品まで

品質本位で選んだ金物類や明治〜昭和の珍しい商品

ストックも多数あり展示販売しています。

基本理念は「こだわって本物、使って一生モノ

2003年、文化庁の登録有形文化財に認定される。

普賢岳の伏流水が数百年の時を経て地下110mより毎分150ℓ自噴しており、「速魚川」はその湧水を利用して平成103月に完成しました。

 水質は、細菌ゼロ、中性、水温15℃で、島原では珍しい「軟水」の甘くおいしい水です。

(「食品衛生法」使用水審査基準の適合許可水に合格、

   ミネラルウォーター類の原料水の適合許可水にも合格)

 

 川の中には、ハヤ、モクズカニ、モエビ、カワニナ、

ホタルの他に、石菖、クレソン、セリ、各種の水草が

自生し、【ビオ・トープ】を形成しています。

 

       速魚川の水は、お茶、コーヒー、ごはん、料理

などに最適でお持ち帰り自由です。


速魚川にかかる小さな石橋を渡り、建物に入ると

古い坪庭を中心に、囲炉裏の間、渡り廊下、土間と

懐かしい空間が広がります。

 

ギャラリーでは、画家、陶芸家、人形師、書道家など作家達の作品展や美術刀剣展、演奏家、歌手によるコンサートが開かれ、ギャラリーの持つ歴史的な雰囲気との調和が好評を博しています。

 

 茶房では湧水と自然食材を使った美味しい料理が楽しめます。  湧水仕立ての珈琲や紅茶お抹茶

島原名物かんざらし手作りぜんざいモズクソバ、地元の新鮮野菜とソーメンを使った島原麺加利(カレー)や野菜カレー、カツカレー、季節限定(6月〜9)では「かき氷」、「冷やしソーメン」など。

 

    営業時間:午前11時〜午後6

 

    休み:水曜日(金物店は第一・三水曜日)

 

合資会社  猪原(いのはら)金物店(かなものてん)

茶房 & ギャラリー 速魚(はやめ)(がわ) 

〒855-0045   TEL 0957-62-3117

島原市上の町912  FAX 0957-62-311

        HP :   http://www.inohara.jp

         メール :  info @ inohara.jp


 猪原金物店の屋号「まるきち」

  明治初期、吉備の国(岡山県)から島原に移住し

当店を創業した初代・猪原信平(のぶへい)が考案した。

    吉備の「吉」を使用している。


店舗正面の漆喰壁には、龍の【鏝絵(こてえ)】、

  店舗脇の水汲み場には、龍の【石彫】があります。

| 中国語版「猪原金物店&速魚川の紹介」 | - | - | posted by ino-haya - -
| 1/1 |