猪原金物店・コラム明治10年に創業。九州で2番目に歴史の金物屋。
金物店の裏では喫茶店も営業しています。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
『贈る言葉』読売新聞 13:15
「どんなに想像力を駆使しても、実際の【体験】には及ばない」と思う。したがって《他人の気持ち》を理解するのは非常に困難だ。しかし、同様の【体験】をする事で《他人の気持ち》が、ある程度はわかるようになる。心身の発達段階にある若い時期の【体験】は、人生に大きな影響を及ぼすという。そして【体験】の中の「痛み」や「苦しみ」の部分が欠如した場合、人は平気で言葉や行動によって他人を傷つけるようになる。

最近の人命に関わる常軌を逸した事件や事故に、加害者の【体験】の欠如が原因と思われるものが多いような気がする。他人の痛みや苦しみは、自分の【体験】から想像しなくてはわかり辛い。その【体験】するチャンスを子供たちから奪っているのは、ひょとしたらわれわれ大人達かもしれない。





林 銑吉  作歌   松尾 始  作曲
 
 前に筑紫の 海清らかに
 後に温泉(みゆ)山高く立ち
 湧くや泉の 水玉と澄む
 里の恵に 生い立つ我ら
 清くけだかき 姿を写す
 心の鏡 磨き澄まさん



| 『贈る言葉』読売新聞2014・5 | - | - | posted by ino-haya - -
| 1/1 |