猪原金物店・コラム明治10年に創業。九州で2番目に歴史の金物屋

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
『2015年・秋のイベント情報』 17:29
 怒涛のような五連休(シルバーウィーク)が終了した。東京と福岡からそれぞれ帰省した長女と三女は、茶房・速魚川で死ぬほどこき使われた。三女は「休日なのに、かえって疲れが溜まった! あ〜ぁ、明日からまた仕事かぁ・・」と捨て台詞を吐きながらも、しっかりアルバイト代をもらって23日に福岡に帰って行った。長女は一週間ほどのロングステイで27日に東京に帰る。

厨房内で料理を担当する次女は、鬼気迫る雰囲気でテキパキと注文メニューを作り続ける。ランチの時間帯が過ぎる午後2時頃からは、かき氷やミルクセーキの氷を削る小気味よい音が厨房内から夕方近くまで響き渡った。連休の数日間、スタッフは昼食もとれない状態が続き、夕方6時の閉店の頃には全員ぐったりしていた。非常に有難く、深く感謝した。そして島原を選んでくれた観光客の良き思い出の一つになればと願うのみである。

金物店内に存在感もなく亡霊のようにぽつねんと存在してきた61歳の店主は、持ち込まれた庖丁や鋏などを砥石で研ぎながら来店客と談笑しては、レジスターの前で商品を持って待っている別の客に気づくと「す、すみません!」と言って慌てて商品を包装し代金を受け取ったりしている。「チンタラしてないで、はやく店に行って! お客さんが来てるよ」と朝、次女から叱られて店に行くことも増えた。重労働ではないにしても月に二日の休みは、年齢的にちょっと厳しくなってきてるのかなぁ・・と考え始めた。

東京の【ギィ アンティック ギャラリー】主宰・山下純弘氏から、福岡ジュンク堂書店でのイベント紹介のDMが届いた。「ありゃ! そういえば龍ちゃん【福岡の書家・井上龍一郎氏】のイベント紹介のDMも届いていたなぁ・・」と、久し振りにブログ更新の操作をしようとしたら、管理者ページの更新期限が過ぎており、パスワードを思い出すのに焦ってしまった。










| 『2015年・秋のイベント情報』 | - | - | posted by ino-haya - -
| 1/1 |