祝!!JKG【ベスト・イン・ショー】受賞!!

2016.10.31 Monday

0

    毎年、『オータム・プレビュー3人展』が近づくと、島原市出身で東京在住のカスタムナイフメーカー・川村龍市氏から美味しいお酒が送られてくる。同じナイフ作家で親友の松崎猛氏と参加者全員への彼なりの優しい心遣いである。早速、お礼のメールを打つと

    「先日のJKGナイフショーで【ベスト・イン・ショー】を受賞しました。また受賞の盾をそちらに送らせてもらっていいですか?」

    JKGナイフショーの会場内のすべてのナイフから選出される賞で、川村氏は2度目の受賞になる。今回【鈴木眞メモリアル賞】を受賞した松崎猛といい、川村龍市といい、この二人は一体どうなっているのだろう!?

     

     ★過去のブログ【カスタムナイフメーカー・川村龍市】⇒ http://blog.inohara.jp/?cid=39658

     

    川村氏に「受賞作品の画像をメールで送ってください。ブログに載せたいので」と言うと、以下の2枚の写真が送付されてきた。ryuちゃん、やったね!本当におめでとうございます!!

     

    猪原さま

    お世話になります。
    「BEST IN SHOW」を受賞したナイフの画像をお送りいたします。
    スペックは以下の通りです。
    Premium Gun Stock Jack
    Type : 2 blade lock back & slip joint folder 
    Blade : ATS-34
    Bolster/Handle : Stainless steel / stag
    Blade Length : 3" (76mm), 2 3/4" (70mm), 

    Closed Length : 3 13/16" (97mm)
    よろしくお願いします。
    Ryuichi Kawamura = 川村龍市
    SLOW MADE  Fine Folding Knife
    ryu-k@gc4.so-net.ne.jp
    http://www008.upp.so-net.ne.jp/ryu-knives/

     

     

     

    先日、川村龍市氏より郵送で送られてきた今年度、第32回JKGナイフコンテスト【ベスト・イン・ショー】の受賞盾(上の写真の左側)と、当店に12年前(2004年)から飾ってある前回の受賞盾(上の写真の右側)。

     

     

     

     

    上の写真は、受賞盾と一緒に送ってきた川村龍市氏のナイフカタログの表紙。「slow made」・・・いつも「一度に一本ずつしかナイフが作れなくて・・」と、まさに一作入魂の制作スタイルを貫く川村氏らしいタイトルである。川村氏への注文依頼の9割は米国からであるが、注文しても作品が届くまで一年以上はかかるそうだ。それでも世界の川村ファンは楽しみに待ち続けるのだ。